株式会社保険工学
全額損金の新保険で決算対策 経営者の一時所得形成 役員退職金相談事例 全額損金の医療保険 会社概要
中小企業経営者向け特別レポート2018 《無料進呈中》
「中小企業経営者のキャッシュリッチ戦略」
 〜低い税率で短期間に個人資産を増やす【一時所得】の作り方〜

  (A4版・15ページ)

このたびは、弊社の無料特別レポートにご関心お寄せ頂き、
まことにありがとうございます。

本レポートは、
  ◆逓増定期保険の解約返戻金を「益金計上しない方法」とは?
  ◆計画的に損金を作り、将来の雑収入を相殺する仕組み
  ◆益金対策から経営者の一時所得受け取りまでの流れ
  ◆低い税率の一時所得を得た経営者様たちの実践事例
  ◆適正な経理処理を行うための根拠となる税務通達 など
を具体的な事例を豊富に盛り込んで解説しています。


ご希望の方は、下記の資料請求フォームからお申し込みください。
【 全 国 対 応 ・ 24 時 間 受 付 】
会社名

決算月
お名前
役 職
郵便番号
住 所 
電話番号
メールアドレス
ご質問・ご要望など
 
 

(法人化されていない方、ご同業者・隣接業界の方のお申込みはご遠慮ください)

電話03-5579-6308・FAX03-5579-6309
株式会社保険工学
決算対策とは単に税金を減らすことが目的ではなく、経営者が会社の利益を将来にわたって自由に使える資金として「含み資産」化していく対策といえます。中小企業経営者が計画的に含み資産を形成していく手段として最も一般的に活用されているのが生命保険を使った決算対策です。生命保険を上手に活用する経営者は、決算対策として事業保障を確保しながら含み資産を貯えたり、役員報酬の代わりに一時所得を作ったり、将来の自分の役員退職金を準備していきます。決算対策で生命保険を活用されている多くの中小企業経営者が、自社の状況と目的に最も適した生命保険活用と生命保険商品の選択を行えるよう、私たちは法人向け生命保険の最新情報を提供して参ります。
Copyright (C) 2010-18 HokenKougaku All Rights Reserved.